相場を知る | 切手など日用品を買取してもらい有効活用する

相場を知る

中国切手を買取してもらいたいという時は、買取専門店を利用することになる。
中国切手を直接取引した人が、買取をしてもらうのであれば、その価値を正確に知っていることが多いが、全く素人の人は価値を知らずにそのまま処分してしまうこともある。
家族が切手を収集していたが、その家族が亡くなってしまったので、遺品整理をしたいという人は、価値を知らないことが多い。
切手は単に絵柄が可愛いから、デザイン性が高いから、といって集める趣味でもあるので、その価値を知らない人にとっては単なる不用品でしかないのである。
しかし、切手のことを知らない、という人は、遺品整理で切手が出てきたのであれば、買取店を利用してもらいたいものである。
ただ持っているだけでも中国切手はデザイン性も高く、歴史を感じることもできる。
こういった興味を持っている人の手に渡ることも大切な買取店の役割である。

価値を知らない人は、逆に高く価値を見積もってしまうこともある。
そうなると、買取の時に意外と値段が安くなってしまい、がっかりしてしまうこともある。
そうならないためには、中国切手で価値が高いとされている切手の種類などを知っておくことは大事である。
中国切手では、特に通称「赤猿」とよばれるものと、「中国全土は赤い」という表記があるものが高い値段で取引されている。
中国切手ではじめに有名になったのが赤い地に猿が印刷されたもので、かつて2,500万円もの高額で買取された。